スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【第6回関西シングルフェスタ使用構築】Muscle The Aqua 【本戦1落ち】

第6回関西シングルフェスタにNo.1ホストアオギリで参加してきました
<使用構築>
ダウンロード(12)

<単体考察>
バシャーモ@バシャーモナイト(加速→加速)
257m1b.gif
腕白
187-140-126-X-90-108
187-180-137-X-100-128
フレアドライブ/ビルドアップ/バトンタッチ/守る
今回の構築のコンセプト。流行りも陰りを見せ始めたので再度刺さるのではと思い使用した。
裏にバトン先を5匹並べているため見た瞬間にこのポケモンがなにをしてくるかは気づかれてしまうが、不利対面でもどこまで強気にビルドアップを積みに行けるかがとても大事だった。
構築の始点なのでどの構築にも初手から投げていくが、初手にこのポケモンに強いポケモンが出されるのはほぼほぼ明らかなので選出順番を考えたほうがよかった試合が何試合かあったのが反省点。

ボルトロス@オボンの実(悪戯心)
642.gif
図太い
184-X-132-146-100-135
10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/悪巧み
バトン先その1。バシャーモが呼ぶガブリアスやランドロス、水ポケモン全般、ファイアローやボーマンダに強く出れるポケモンとして採用。バトン後の物理方面の硬さは驚異的で起点にできるポケモンが多く、耐久ボルトロスに足りないすばやさもバトンによって解決するため存分にチカラを発揮してくれた。

ドリュウズ@風船(型破り)
530.gif
意地っ張り
185-205-81-X-85-140
地震/アイアンヘッド/岩雪崩/剣の舞
バトン先その2でちょっとした地雷枠。電気の一貫を切れ、バシャーモと地面ポケモンが対面した時でも風船を持つことでバトン後の地面技をすかし積みの起点にしながら全抜きを狙え、オフに増えるボルトロス+ピクシー+オニゴーリの害悪系統に対して強く出れるポケモンとして採用。
思ってた以上にこのポケモンの全抜き性能はすさまじく、採用して大正解だった。調整に関してはASぶっぱになっているがAぶっぱはそのままにSをバトン後の調整にして少し耐久に振ったほうがよかったと思う。

ニンフィア@ゴツゴツメット(フェアリースキン)
700b.gif
図太い
201-X-128-131-151-81
ハイパーボイス/いびき/瞑想/眠る
バトン先その3。微妙に足りないBをビルドバトンによって補うことでガルガブボルトやマンダマンムーの並びに対して強さを発揮できると思い採用。BをあげるだけでなくSも上がることによって瞑想の起点にできるポケモンが圧倒的に増えるため詰ませ性能の高いポケモンになってくれた。ビルドバトンできなくてもクッションとしての最低限の働きをしてくれるため性能の高さが伺えた。

キノガッサ@毒々玉(ポイズンヒール)
286.gif
陽気
155-150-113-X-80-134
種マシンガン/ビルドアップ/キノコの胞子/身代わり
バトン先その4。ボイス系統の技を使わないパーティや催眠対策を切ってるパーティを完膚なきまでにハメる枠としての採用。
吠えるやふきとばしを持っているカバルドン、ラグラージ、スイクンがいればこの構築にはほぼほぼ出てくるためそこに強い種マシンガンを攻撃技として採用。岩石封じを打ちたいファイアローやボーマンダ等には他のバトン先が強くでれるため岩石封じではなくビルドアップを採用した。最短起きされ続けない限りはガルーラをも起点にできる凄まじい性能だった。

スイクン@食べ残し(プレッシャー)
245b.gif
穏やか
205-X-142-110-176-108
熱湯/瞑想/身代わり/守る
バトン先その5。クレセドランなどの受けまわし全般、ゲンガー等を起点にしてハメる枠として採用。初めは熱湯/ミラーコート/瞑想/眠る で使っていたが特殊方面のダメージ計算を見ると瞑想さえできればみがまもの起点にできるポケモンがたくさんいたため、加速バトン後に上からみがまもをすることでPP枯らしもできるようになるためこのような技構成になった。
ビルドバトンができると物理攻撃ですらこのポケモンの身代わりを割れないポケモンが何匹も出てくるためハメ性能はダントツだった。眠るがないため状態異常をまかれると苦しくなるのでそこは注意。

予選ドラゴンブロック6-1の1位抜け
本戦1回戦落ちのベスト32で終了
本戦では展開的に勝っていたが最後に有効急所で負けてしまいとても悔しかったです。最後に運負けしてしまった点に関してはホストっぽい(?)格好をしていったのに靴と間違えてクロックスを履いてきてしまった点が問題だったかなと思います。

今回の大会ではバシャーモのビルドバトンから裏のポケモンで全抜きを狙うというコンセプトで構築を組み、コンセプト通り大半の試合で全抜きすることができ、結果、初の予選抜けをすることができたので自分の中ではとても満足しています。
予選抜けが偶然にならないようにこれからのオフでも頑張ろうと思います。
今回もぐりーどさんに構築相談に乗ってもらい、いい結果を残すことができました!改めてぐりーどさん本当にありがとうございました!

最後になりましたが、シングルフェスタの運営の皆様、対戦してくれた方、本当に楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。また機会があれば関西の他のオフにも参加したいと思いますのでご一緒した際はよろしくお願いします。
ではではノシ
スポンサーサイト
 [ 2015/09/22 12:54 ]  ポケモン | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

黛ぽけ  

Author:黛ぽけ  
シングルレートとえっちげーむと白猫


XY最高レート2004
ORAS最高レート2167←

来場者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。